第32回 コンテクストでつくる本(後編)。

前々回に引き続き、この本がコンテクストでつくっているという話を「造本」の観点で話したいと思います。 間が空いたので、もう一度整理しておきます。コンテンツとは中身、コンテクストとは文脈のことです。一つの情報を

第30回 コンテクストでつくる本(前編)。

前回のブログ更新からまた期間が空いてしまいましたが、その間にいろいろなことがありました。 なにより「たのしごとデザイン論」が、こんなに早いペースで重版になりました!!(嬉) いわゆる「アプリケーションを使った具体的なデザインの手順書」ではないため